MELLIFE(メリフ)の副作用

MELLIFE(メリフ)の副作用危険度は?全成分を徹底解析してまとめてみた!

MELLIFE(メリフ)の副作用について調査してみたところ、メリフは非常に安全なクレンジングバームだと分かりました。

 

ただ安全性を知りたかっただけという人は一番オトクな公式サイトを、全成分の効果や危険度を確認したい人はこの記事をチェックしましょう!

 

 

成分名 効果 副作用危険度
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル 肌の潤いを保つ成分です。
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル クレンジング基材として使われています。
炭酸ジカブリリアル 溶解剤として使われています。
ポリエチレン スクラブです。
トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル 乳化剤です。
ペンチレングリコール 肌を柔軟にします。
トコフェロール 過酸化脂質を発生させないようにする成分です。
美肌のために欠かせません。
BG 肌を保湿し、製品を菌から守ります。
アスタキサンチン 酸化を抑えます。
コメヌカ油 紫外線を吸収します。
アーモンド油 保湿成分として注目されています。
アルガニアスピノサ核油 抗老化作用が高い成分です。
オリーブ油 保湿だけではなく洗浄効果もある成分です。
ゴマ油 アンチエイジング作用があります。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 肌を美白します。
ホホバ種子油 肌を柔らかくします。
ローズヒップ油 健康なツヤ肌に導きます。
加水分解ヒアルロン酸 水分を保持して肌の潤いを保ちます。
デキストリン 食物繊維です。
乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液 肌をすべすべにします。
グリセリン バリア機能改善の成分です。
パパイン 活性酸素を取り除きます。
オレイン酸ポリグリセリル‐10 乳化剤です。
ラウロイルラクチレートNa 乳化剤です。
レシチン 保湿効果もありますが、乳化剤です。
ウンシュウミカン果皮エキス 血行を良くします。
ローズマリー葉エキス 酸化や炎症を抑える効果があります。
オリーブ葉エキス 抗菌効果があります。
ハマメリス葉エキス 収れん作用があります。
コメヌカエキス 美白成分として古くから重宝されています。
セラミドNP しわを抑えます。
ベニバナエキス 炎症抑制並びに酸化防止のために配合されています。
水溶性プロテオグリカン 肌を保湿します。
レモン果実エキス 美白作用があります。
セラミドAP ターンオーバーを正常にしてくれます。
フィトスフィンゴシン 菌の繁殖を抑えます。
コレステロール 保湿作用のある肌にとっては必要なものです。
ヨモギ葉エキス 色素が沈着してしまうのを抑えます。
キサンタンガム 食品添加物。増粘効果があります。
カルボマー 増粘剤です。
コメヌカスフィンゴ糖脂質 保湿効果があります。
ウコン根茎エキス アンチエイジング成分です。
アーチチョーク葉エキス 美白効果があります。
ユズ果実エキス 肌のピーリングに役立ちます。
セラミドEOP 肌を保護してくれます。

 

副作用危険度:当サイトの基準で掲載

 

新しい化粧品を使うときに気になるのは、やっぱりどんな成分が含まれているかということですよね。

 

MELLIFEバームクレンズにもどんな成分・気をつけなければいけない副作用が入っているのか、調べてまとめてみました!

 

わかりやすく表でまとめてみましたが、メリフには良くない副作用などは一切含まれていないようです。

 

肌が弱い人でも安心して使用できそうですね!

 

MELLIFEバームクレンズは美容皮膚科との共同開発によって生まれたクレンジングです。

 

そのため効果も高く安全性も申し分ないというわけですね♪

 

市販のクレンジングによく見られる、エタノール・香料・シリコン・着色剤・鉱物油・パラペン・旧指定成分・紫外線吸収剤は含まれていないので、断然お肌に優しいと言えます。

 

そして国内のGMP工場で生産されているので、成分だけでなく品質管理にも細心の注意を図っています。

 

MELLIFEバームクレンズが安心して使える理由が伝わったでしょうか?

 

実際に私も使ってみたところ、敏感肌ですが特に肌トラブルもなく使い続けられています♪

 

使ってみた効果や感想などをまとめた記事もありますので、MELLIFEバームクレンズを買おうか悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね!

 

>>MELLIFE(メリフ)を使った私の口コミを確認する

ホーム RSS購読 サイトマップ